読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zoar.log

買い物とか雑記はこちらに書いておくことにしてみました。

Zenfone 4 を購入しました

一部では Zenfone 5 の日本発売で話題ですが、Zenfone 4 の方を Amazon.co.jp で購入しました。
4.5インチの新しい A450CG ではなく、4インチの A400CG です。

端末のサイズは iPhone5/5s/5cあたりとほぼ同じで、Zenfone 4 の方が厚みがあります。
重さは約120gということで iPhone5 よりも若干重いですが、気になる差ではありません。
クレジットカードなどと同じ大きさのスターバックスカードと並べてみました。

f:id:k-side:20141109234427j:plain

なんで4インチの方なのよってことですが、単純に4インチを超えてくると片手での操作が難しくなるからです。
バンカーリングなどで補助することもできますができればそういったものがないほうがスマートで使いやすいです。

この機種で面白いのはスマートフォンでは珍しく CPU に Intel Atom Z2520 を採用している点です。
背面にも Intel inside が印刷されています。

f:id:k-side:20141109234428j:plain

RAMが1GBしかないことや、ストレージが OS を含めて8GBしかないこと、バッテリーが1600mAhな点など気になる部分はあるかもしれませんが、本体価格が約1万円ですから贅沢は言えません。ハイスペック機と比較すると見劣りする仕様ですが、割り切って使うことができれば問題ありません。
操作してみるとスクロールに若干の引っかかりは感じられますが、気になるのはその程度です。

さて、出荷状態では Android 4.3 ですが、アップデートで 4.4 を利用できるようになります。
電源をオンにして早速アップデートをかけたところ、再起動後に ASUS のロゴが表示されたところから進まなくなってしまいました。 販売店と連絡を取り、ZenFoneを工場出荷時に戻す方法を試しましたがリセットの画面に入れません。
販売店の方が手元の Zenfone で試したところ、リンク先のように音量「ダウン」+電源ではなく、音量「アップ」+電源でリセット画面に入れたということでこちらも同じ様に試すと設定画面があらわれ、ファクトリーリセットを行う事ができました。販売店の方には感謝感謝です。 2回目のアップデート作業は無事に完了。
さらに、工場出荷状態に戻すための画面に入ろうとする時にはバッテリー残量が10%以上で、USB ケーブルが接続されていない状態でなければならないようです。

これでしばらく使ってみることができます。
日本のメーカーもこのくらいのスペックで安価なSIMロックフリー端末出してくれませんかね…。

Infesting Map
行ってみた場所をプロット

フルスクリーン表示